第50回 日本マイコプラズマ学会
学術集会

About IOM 2023

 第24回 国際マイコプラズマ学会学術集会(IOM 2023)は、第50回 日本マイコプラズマ学会学術集会との合同大会として行います。会期は2023年7月16日(日)~20日(木)、会場は大阪市中央公会堂です。

ご挨拶

 マイコプラズマ属(genus Mycoplasma)細菌は,2012年に世界中で大流行したヒト肺炎の病原細菌として,あるいは昨今問題となっている性感染症の病原菌などとして知られています。国際マイコプラズマ学会(IOM: International Organization for Mycoplasmology)は,これらモリクテス綱細菌の基礎,応用,臨床研究に携わる世界中の研究者が,二年に一回,一堂に会して議論を行うことを主な目的とした世界で唯一の学会です。IOM学術集会は世界各地のマイコプラズマ研究者との接点を持つことをも目的としているため,世界中をまんべんなく回って開催されてきました。私たち日本マイコプラズマ学会でも,1982年と2000年にIOM学術集会を日本で行い,そのいずれも成功をおさめました。今回,私たちは23年ぶりにこの集会を誘致することに成功し,第24回国際マイコプラズマ学会学術集会と第50回 日本マイコプラズマ学会学術集会の合同大会として,2023年7月16日(日)~20日(木)に行います。
 本学会では世界約30カ国から集まった,約300名の研究者により,キーノートレクチャー,受賞講演,シンポジウム,ワークショップ,ポスター発表を通して,個々の研究に限らず,マイコプラズマ学の将来に関する議論や決定が行われます。マイコプラズマ研究の分野で最も発信力のある研究者が集まるため,ここで行われた議論や決定はその後の世界の動向にきわめて大きな影響力を持ちます。また,今回,日本マイコプラズマ学会がホストとなり合同開催を行うことで,臨床研究者や学生など,海外の遠方へ赴くことが容易でない研究者に,またとない機会を提供します。開催地の大阪市中央公会堂は国の重要文化財に指定されたネオルネッサンス様式の美しい建物で,大阪市の中心に位置しておりアクセスも容易です。

会長 石田直
第50回 日本マイコプラズマ学会学術集会
会長 石田 直
(倉敷中央病院呼吸器内科)

運営委員

以下の体制で運営しています。詳細は英語サイトをご覧ください。
また、サイエンス・プログラム委員、授賞の審査委員、IOM理事会も学会開催に向け活動しております。

  • 第50回日本マイコプラズマ学会学術集会長
    石田 直(大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院)
  • 第24回国際マイコプラズマ学会学術集会長
    宮田真人(大阪市立大学大学院理学研究科)
  • 日本マイコプラズマ学会理事長
    泉川公一(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
  • 準備委員会 委員(Members of Organizing Committee)(五十音順)
    伊藤明広(大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院)
    岩田 敏(国立がん研究センター中央病院)
    尾内一信(川崎医療福祉大学)
    大島研郎(法政大学生命科学部)
    神谷 茂(杏林大学)
    柿澤茂行(産業技術総合研究所)
    蔵田 訓(杏林大学保健学部)
    見理 剛(国立感染症研究所)
    小原有弘(医薬基盤研究所難病・疾患資源研究部培養資源研究室)
    呉 恒寧(大阪府立母子保健総合医療センター研究所)
    佐々木裕子(国立感染症研究所)
    皿谷 健(杏林大学呼吸器内科)
    清水 隆(山口大学共同獣医学部)
    田代将人(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
    豊永拓真(大阪市立大学)
    長谷部晃(北海道大学大学院歯学研究科)
    樋口豪紀(酪農学園大学獣医学部)
    中根大介(電気通信大学)
    松田和洋(エムバイオテック)
    宮下修行(川崎医科大学総合内科)
    宮田伸一(農業・食品産業技術総合研究機構)
    柳原 格(大阪母子医療センター)
    山本武司(久留米大学医学部)
    渡邉秀裕(東京医科大学病院感染制御部)

参加・発表の登録

以下のサイト(英語)よりご登録ください。

発表演題の募集:2022年11月頃から2023年2月頃を予定
参加の早期申込(Early bird registration)の締切:2023年3月頃を予定
参加締切:2023年6月頃を予定

参加・発表の登録

以下のサイト(英語)よりご登録ください。

発表演題の募集:2022年11月頃から2023年2月頃を予定
参加の早期申込(Early bird registration)の締切:2023年3月頃を予定
参加締切:2023年6月頃を予定

国際マイコプラズマ学会学術集会とは?

  1. マイコプラズマ学を焦点とする唯一の世界規模の学会
  2. 1976年から隔年で世界各国で開催
  3. 世界のマイコプラズマ学に影響力のある研究者のほとんどが揃う
  4. 理学,感染,病原性,薬剤耐性,ワクチン,検査,治療など,広い分野を包括する
  5. 参加者の約3分の2が海外からの参加者
  6. 1982年と2000年に日本マイコプラズマ学会が開催

スポンサーシップ

 私たちは国際マイコプラズマ学会と日本マイコプラズマ学会が,アカデミアや医療関係者に限らず,関係する企業の皆さまとの情報共有の場でもありたいと望んでおります.今回の学術集会は,マイコプラズマ感染症とそれに関連する基礎研究に於いて,国内外で最も影響力のある研究者が一堂に会する集会であるため,企業の皆様にとっても情報収集と発信の絶好の機会です.皆様方の積極的な参加を賜りますようお願い致します.

募集期間: 2022年12月4日(日)まで。

広告内容

  1. 予稿集広告(PDF配布,希望者には紙媒体を配布):2万円
    (JSMとIOMそれぞれ後付けにA4カラー,1ページまで.表紙裏(表2)に協賛企業のロゴ一覧を掲載します)
  2. 学術集会ウェブサイト(https://www.iom2023-osaka.org/)におけるバナー広告のみ:10万円
  3. ランチョンあるいはイブニングセミナー(バナー広告つき):80万円
  4. 展示ブース(バナー広告つき):20万円
  5. セッション,パーティのスポンサー(スライド映写,バナー広告つき):20万円
  6. バッグ,Tシャツ(バナー広告つき):現物
  7. USBメモリー,ペン,文鎮,などの販促物(バナー広告つき):現物

お申込み・お問い合わせ先

    下記問い合わせ先へメールにてご連絡ください。

問い合わせ

事務局

〒558-8585 大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学大学院理学研究科
Tel +81-6-6605-3157
E-mail 

問い合わせ

事務局

〒558-8585 大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学大学院理学研究科
Tel +81-6-6605-3157
E-mail